クレジットカードを持つ大学生でもキャシングは頼りになる!

大学2年生の時、社会人サークルの飲み会の2次会に参加した時の話です。

1次会で予想以上にお金を使ってしまったため、本当は2次会にいくのは金銭的に無理だったのですが、断れる雰囲気ではなかったので仕方なく参加することにしました。

といってもお金がないので、ATMでお金を下ろすふりをしてキャッシングをして現金1万円を手に入れました。

そうして無事に2次会を終えることができました。

いざという時に現金が手に入れられるのはありがたいです。

当時はクレジットカードを持っていたのですが、大学生が社会人がいる飲み会でクレジットで支払うのは場違いな気がしたので、やはり即座に現金を手に入れられるのは便利です。

ほとんどの買い物・会計でクレジットカードを利用していたのですが、時と場合によっては現金がどうしても必要という可能性があるのを学びました。

現代ではコンビニや街中のATMから簡単にキャッシングして現金を手に入れられます。

借金なので本当は利用しないのが一番なのでしょうが、緊急時にはとても役に立つシステムだと思いました。

大学生向けのアドバイスになりますが、手軽にキャッシングができるとはいえ、本当に現金が必要な時だけに利用しましょう。

社会人経験もなくお金に対するリテラシーもまだ育っていない大学生の時期に手軽に現金が手に入るこのようなシステムは嬉しいかもしれませんが、やっていることは借金となんら変わりません。

しっかりキャッシングについて学ばずに、なんとなく利用すれば悪い癖となり自分自身を苦しめることになります。

お金について学んだ上で「必要時」と判断した場合のみ利用するように心得ておきましょう。

関連記事

このページの先頭へ